top of page

島原手延べそうめん

Title card that says Shimabara So-Men

日本の暑い夏に食べたいものといえば、やっぱり冷たいそうめんですよね。


日本の5大産地:奈良県の三輪そうめん、兵庫の藩州そうめん、香川の小豆島そうめん、徳島県の半田そうめん、そして長崎県の島原手延べそうめん。



Wide banner image of cooked Shimabara So-Men noodles in a serving basket

今日ご紹介しているのは、島原手延べそうめんです。産地は長崎県島原半島の南部に位置する南島原市。なんと全国第二位の生産量絵を誇る特産品です。

島原手延べそうめんの特徴はなんといっても腰の強さ。鍋で煮込んでも煮崩れしないのが特徴です。



Two basket trays with 6 servings of Shimabara So-Men each

そうめんの原材料は、小麦粉、塩、水、綿実油。

伝統の技術で、約10センチのそうめんのもとが約30−40センチに延ばされ、最終的には2メートルくらいまで細くのばされて、そうめんができるそうです。

冷たいつゆに薬味を入れて、つるつるっと食べるそうめん。暑い夏にぜひ試してみて下さい。



Image of someone catching Shimabara So-Men on a bamboo water slide called Nagashi So-Men

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page